自己破産での免責不許可

生活苦から気が付けば支払不能なくらいの借金を背負うことがあります。その場合、生活の立て直しをはかるために自己破産など債務整理を考えることが必要です。実は、自己破産はどのような理由でも免責になるわけではありません。裁判所が免責不許可と判断した場合は、自己破産することができないのです。

 

生活苦から借金を重ねたり、事業を失敗したりといった理由で免責不許可になることはありません。自己破産で免責不許可になるケースとしては、借金の理由がパチンコなどのギャンブルだったり、高額エステに繰り返し行ったりやブランド物を買いあさったりといった贅沢品だったり、という場合です。ギャンブルや浪費が原因の借金では自己破産できないと破産法によって定められているのです。
詳しくはパチンコ借金が返せないをご確認ください。

 

しかし、ギャンブルや浪費が原因だからといって、必ずしも自己破産できないわけではありません。借金苦に陥り自己破産を申請するに至るまでには個人によって様々な事情があるので、ギャンブルや浪費が原因から自己破産申請する場合でも、裁判官によっては情状酌量して免責許可を出してくれる場合もあります。理由が理由だから自己破産できないのでは、と悩むのではなく、まずは弁護士や司法書士といった専門家に相談をしてみましょう。