闇金融には十分に注意

闇金融とその他の消費者金融をしっかりと区別するために、どの点に目を向けるのが良いのでしょうか。業者を見分けるポイントは様々ですが、たとえばその商号を照会することで、区別が可能であるかもしれません。

 

消費者金融業界で生き残ることは、大企業であっても簡単ではありません。企業の統廃合を繰り返すことで、現時点で存在する大企業は生き残ってきました。そのため、企業の関連会社は少なくありません。大企業に組み込まれた関連会社であれば、大本の商号にちなんだ名が付けられています。

 

しかしそこにはある落とし穴が存在します。良く知られている大企業の名を、悪用する闇金融が存在するのです。有名な企業の名に似せて関連会社を装おい、消費者を欺く目的がそういった業者にはあります。これは悪徳業者の常套手段であるため、しっかりと認知しておきましょう。もっともらしい商号であっても、闇金融の可能性があるため注意は怠れません。

 

また、金融事業は個人で経営するには限界があります。貸し出し能力の高い企業であれば、前株後株が当たり前です。商号の前後にそういった表記が見られない場合には、個人事業扱いであるためご利用には注意が必要です。個人事業でありながら、高額貸し出しを謳い文句にするのであれば、闇金融と認定することも可能です。

 

知っても知らずも、闇金融から借りてしまって返済で困っているなら、早めに闇金相談による借金対策を行ってください。